JR線「加古川」駅近く『ゆあさ乳腺クリニック』ニッケパークタウンクリニックモール加古川の乳腺外科です。マンモグラフィ検査(乳房専用レントゲン検査)、乳房超音波検査(エコー検査)、乳腺疾患診療、セカンドオピニオンなど。乳腺専門医が対応します。

術後薬物療法

術後薬物療法(ホルモン療法、抗HER2薬)について

術後薬物療法

浸潤癌でホルモン受容体陽性乳がんの方は術後に再発予防のためにホルモン療法(女性ホルモンであるエストロゲンを抑制することで再発する可能性を低下させる)を行います。閉経前と閉経後によって使用する薬に違いがありますが、代表的な内服薬にタモキシフェンとアナストロゾールがあります。現在、内服期間は5年以上とされており、タモキシフェンは10年内服するのが適切となっています。閉経前女性にはLH-RHアゴニスト(3ヶ月毎に前腹部の皮下に注射するゾラデックスやリュープリン)を併用することもあります。これは卵巣を刺激するホルモンを抑制することでさらに強くエストロゲンの分泌を抑制することが目的です。ただし、3ヶ月に1回、皮下に太い注射をするので痛みを伴う治療となります。全員に使用するわけではなく、再発のリスクに応じて使用するかどうかが決まります。なお、非浸潤性乳管癌の方にも状況によってはホルモン療法をご提案することがあります。

6mm以上の浸潤癌でHER2受容体陽性の方には手術の前後合計して1年間の坑HER2薬(ハーセプチン)を点滴します。例えば半年間術前化学療法としてハーセプチン投与をお受けになった方は、手術が終わってから半年間ハーセプチン(3週間毎)を投与します。

以上のように術後に長期間のホルモン療法やハーセプチン投与が必要となりますが、術後の治療は当クリニックで担当させていただきます。これは基幹病院の化学療法室や外来の医師や医療スタッフの方々の業務負担の軽減、働き方改革のためと同時に、患者さん方のストレス軽減(長時間の待ち時間等)、利便性向上(当院は完全予約制で駐車場も広くて4時間無料)のためです。

乳がん術後の方は3ヶ月毎の採血、半年毎の超音波検査、1年毎のマンモグラフィをお受けになることをご提案申し上げます。

クリニック情報Clinic Information

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町303
ニッケパークタウン クリニックモール加古川2階

お気軽にお問い合わせください

TEL.079-456-3722
JR線「加古川」駅南口から 徒歩約8分(約650m、ほぼ平坦)
診療時間
 9:30~12:30
15:00~18:00

休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

MAP

ニッケパークタウン駐車場(1500台完備)
駐車場をご利用の際はクリニック受付にて会計時に駐車券をご提示ください。4時間無料の処理を行います。

駐輪場は「ニッケパークタウン駐輪場」(無料)をご利用ください。

PAGETOP
Copyright © 2019 ゆあさ乳腺クリニック All Rights Reserved.
TEL.079-456-3722アクセス診療時間インターネット予約・確認はこちらページTOPへ戻る